どん底



新宿広しといえど創業50年を超えるバーは希少価値です。 
戦後バラックのなかで戸板一枚をカウンターにして
演劇青年、特攻帰り、チンピラ、作家、演出家、ヤミ屋等が呉越同舟混沌とした時代にどぶろく、安酒をあおりながら夢を語り、議論風発、あげくのはては血みどろの殴り合い、また飲み、何事もなかったのかのように朝を迎える。
作家では、三島由紀夫をはじめ、演劇界、映画界、スポーツ界、綺羅星のごとく青春のエネルギーを燃えつくした歴史ある名店。若き日のアメリカ帰りの失意の松田勇作が理由なき欲求不満のはけ口を空手黒帯のこぶしで幾度となくたたきつけたことか。 アランドロンがお忍びでブランデーをあおったこともその古びたカウンターはすべて知っている。

URL http://www.donzoko.co.jp/

© 2000 - 2012 powered by
www.doteasy.com